BUSINESS

事業紹介



REFURBISHMENT

全国200店舗以上に拡大した張替本舗金沢屋。
職人文化の縮小を受け、日本の和室を守り、その良さを世界に発信していきたいという想いからFC化致しました。
主にリフォーム会社などの下請けとして張替えを行う張替業界ですが、金沢屋は職人が元請けとして成り立ち、低コストでのサービス提供を実現致しました。
地域に職人がいなくて張替えが出来ないという声に応えるべく積極的にチェーン展開を行い、2014年以降はさらに拡大が進み、業界最大手にまで成長を遂げております。
日本全国で金沢屋の理念である「喜楽好信」を掲げ、地域密着型の”信頼できる職人さん”として多くの職人が活躍中です。
現在もなお、需要に対する供給がまかないきれない状況であるため、随時FC加盟店の募集を全国で行っております。

家工房

当社の加盟店オーナーは、お客様の信頼を積み重ねによって、張替えだけでなく畳みやクロス、水回り、外壁や屋根などの小さな修理のご相談も受けております。
そこでダイタクでは、今までにリフォームから新築まで請け負ってきたノウハウを活かし、住まいのお困りごとを解決する家工房金沢屋を立ち上げました。
弊社のリフォーム専門スタッフがご依頼に合わせた提案を行い、素早い対応の実現を可能にしました。
2015年10月に名古屋家工房をオープン。2016年5月に横浜家工房、福岡家工房をオープン致しました。
続いて、京都・仙台にシェアを拡げていく予定です。

KABECO

2016年3月18日に閣議決定されました。住宅ストック分野では、2025年には
リフォームと既存住宅流通の2つの市場をほぼ倍増させることを計画に入れま
した。

現在のリフォーム市場における事業者別の事業高を見るとホームセンターや
家電量販店、インターネット事業者など異業種からの参入が次々と出始めて
いるものの、現実には事業規模の半分近くを独立系工務店が担っています。

しかし、大手ゼネコンに価格を叩かれ魅力が減少している内装職人は後継者
不足などで激減しています。

KABECOでは自社一括請負により中間マージンがかからない価格設定を実現
し、印刷技術を導入することで他社には無いオリジナルの壁紙を提案するこ
とで差別化を図っております。

JAPAN BOX

今昔の文化を融合させ小さな箱庭を創造する「じゃぱんぼっくす」。現在、アジアを中心に活動しております。
日本は元々「ものづくり大国」と呼ばれ、各国からも注目を浴びていました。しかし、職人文化の衰退に伴い、伝統商材の減少が懸念されています。
世界が認める日本の「かっこいい」伝統商材をこのまま無くしていいはずがありません。
当社では日本の伝統商材とクールジャパンを融合させたじゃぱんぼっくす商品を扱う企業として、日本国内しいては世界各国に「日本文化」を発信し続けることを責務としております。
従来の伝統商材だけではなく、現代の文化と伝統の文化を融合させた「新しい文化の創出」を目指し活動しております。

東京アニラボ

屏風と畳をキャンバスに見立て新しいアートを創出する「東京アニラボ」。
クリエイター、アーティスト、カリグラファー、フォトグラファーなど多方面の芸術と過去の芸術の融合。
また、現行のアニメーションやゲームなどのプロパティを使い、現代のサブカルチャーとの融合をも果たす。
一つ一つが職人の手作りで製作されており、日本の良さを全面に押し出しております。京都や鎌倉などインバウンド需要の多い地域を拠点に販売展開もしております。
じゃぱんぼっくす事業の小売部門として、日本だけに留まらず、世界を市場と捉え販売促進等を行っております。

DAY SERVICE FOR CHILDREN

こどもプラスの脳科学に基づいた運動遊びを取り入れた、放課後等デイサービス・児童発達支援事業を行っている「こどもプラスぽっぽ刈谷」
運動あそびを中心とした療育を通して子どもたちの 「できたの笑顔をひとつずつ」をモットーに「喜び」「楽しみ」を見つけ、誰かを思いやる「やさしい気持ち」、 一緒に何かをやってみようとする「自発的協調性」などを育み、 子どもたちの未来への橋渡しができるように日々向き合っていきます。
すべては、子どもたちの笑顔のために。